指原莉乃ファンサイト さしこむ〜世界征服までの軌跡〜

指原莉乃2nd写真集「スキャンダル中毒」絶賛発売中
<< Honey SassyTOPページものまねAKB >>

12.4万枚、オリコン二位

それでも好きだよのオリコン初週ランキングがわかりました。
12.4万枚で第二位。
対する乃木坂46は15.6万枚で第一位でした。
劇場版1.2万枚を加えても負けは負け。
何を言っても負け惜しみになるので・・・でも少し負け惜しみを言わせてください(笑)。

AKB48は現在6作連続ミリオンヒット達成中ですが、このデータはオリコンの集計によるもの。
都合のいいときだけオリコンのデータ、都合が悪ければ別の会社のデータを用いるのはどうかと思います。
どうかと思いますが、負け惜しみを少し言わせてください。
サウンドスキャンという会社があり、こちらのデータはオリコンよりも実売枚数に近いと言われています。
AKBの場合だと劇場版の枚数を集計対象から外しています。
また、某社がよくやる自社買いも集計から外しています。
こちらの会社のデータによると、それでも好きだよは11.3万枚、乃木坂は7万枚。

さしこ圧勝!!
すみません、一言「圧勝!」と言いたかっただけです。


乃木坂46との対決よりも、二月にソロデビューした渡辺麻友さんの数字が気になっていました。
オリコンのデータでもサウンドスキャンのデータでもほぼ同じ。
両方僅差でさっしーが勝っていますが、数字はほぼ変わらないので勝敗を気にするのはナンセンス。
大事なのは”僅差”であること。
つまり、さっしーは五位様とほぼ同水準売上であり、これは大健闘と言えます。
ちなみにサウンドスキャンのデータでは前田さん、板野さん、Notyetにも勝っています。

もう一つのデータを示します。
直近の劇場版の売れ行きは、一次受付終了時点で両者8/18で同点。
さらにその前の劇場版データではさっしーが9/18、渡辺さんが8/18でこちらも僅差。
シングル売上げ、劇場版データ、この二つのデータを素直に読めば・・・
次の選挙は渡辺さんとのガチバトル。
渡辺さんとさっしーのバトルが何位争いになるかはわかりません。
去年の水準で行けば、渡辺さんに勝てれば4位、負けてもいい勝負をすれば5位。


今回の乃木坂との対決ですが、CDリリース前に着うたフルや有線で一位のニュースが報道されました。
これによりファンの間で楽観ムードが漂ったことは問題。
選挙前にいい勉強ができたと思えば、今回の対決もそれなりの意味があったと思える。
選挙速報が良くても悪くても、最終結果が出るまで油断せず戦う。
先ほど4位争いを渡辺さんとすることになると書きましたが、これも楽観論の一つ。
そんなに神の壁は低くない。
後ろからは松井Rさんも迫っているし現状維持も相当厳しいと考えて戦った方がいい。

おそらく次の選挙、何位だったとしても壇上でうちの姫君は泣くでしょう(笑)。
僕はね、うれし涙以外は見たくない。
comments(0)それでも好きだよ▲ページトップ
【関連記事一覧】



※記事内容とは関係ないコメントはご遠慮ください
※当サイトへのご意見はメールでお願いします