指原莉乃ファンサイト さしこむ〜世界征服までの軌跡〜

指原莉乃2nd写真集「スキャンダル中毒」絶賛発売中
<< ブー子は地球を救うTOPページヤンジャン&フライデー >>

ブー子は地球を救う2

世界三大耐久レースと言えばル・マン、デイトナ、サシコ。
サシコ24時間耐久レースを無事完走しました。\(^O^)/
莉乃ぴょん、シソンヌ長谷川さん、スタッフさん、そして全国345万人のリノガワの皆さん、お疲れ様。

前記事で書きましたが、終始ゆるゆるのリビングトークが続きました。
地上波の番宣と舞台挨拶は白指原、24時間TVは黒指原。誰の目にも明らかに二つの使い分けがバッチリ。
シソンヌ長谷川さんにもその”違い”を突っ込まれるほどだった。
24時間TVの方では映画の役柄よろしく、「ブーブー」と文句言いまくり(笑)。
シソンヌ長谷川さんやスタッフ、映画事業部長、番組の構成...相手が偉い人でもおかまいなし。
「文句」ではなく、正論のガチのダメだしだからぐうの音も出ない。厳しい。

HKTメンバーに向けてもダメだしもあった。
番組がHKTメンバーにアンケートを採ったが、その内容がワンパターンだとバッサリ斬ったのだ。
「栄養ドリンク、ほうれい線のしわ、フレッシュ感」の三つばかりで、曰く「つまらない」。
矢吹さんが莉乃ぴょんの好きなところを「全部」と答えたときもやさしく注意していた。
「全部って答えたらダメって言ったでしょ」と具体的なコメントを促した。
番組アンケートやコメントをテンプレ化せず、「使われるコメントを考えなさい」という指導。
先日放送されたたかみな総監督のお説教部屋での話が思い出される。(参照:お説教部屋#3
ライブ時のMCや外仕事、対メディア向けの対策。トークできるメンバーを育てているのだ。
当たり障りがなく面白味が何もない優等生テンプレコメントでは、メディアに相手にされない。

選挙予想では興味深い発言があった。
自分の順位予想をしないように秋元Pに釘を刺されているみたい。
また、自分が1位である理由を「現場ファンの熱心さ、在宅ファンの多さ、年齢層の広さ」の三つを挙げた。
その分析で合っていると思います。僕のコンピューターも全く同じ答えを弾きだしている。
ファンの熱心さとは1人当たりの平均投票数が多いこと。言い換えれば変態。
さすがに「私のファンは変態ばかりですから!」と言えないので、オブラートに包んでくれた(笑)。
在宅ファンの多さとは、ある意味でAKBのコンセプト(会いに行けるアイドル)に反するものだ。
会いに行けないファンでも楽しめる存在。1人だけ違うところに立っている印象だ。
総選挙がAKB村の村長を決める争いではなく国民的お祭りになれば、我が軍が戴冠に最も近い。
年齢層の広さは非ガチ恋系ファンが多いことを意味する。
ファンが寛容だから推しの活動の足を引っ張ることが少なく、スキャンダルでもびくともしない。
選挙予想(?)では3位になってしまったが、燃料だと思って頑張りましょう。
僕らはどの陣営よりも変態で、鉄の団結力を誇っている。今年も僕らの推しがナンバーワンだ。




















comments(7)薔薇色のブー子▲ページトップ
【関連記事一覧】
莉乃ぴょん、キャワタン
| ナカユー | 2014/05/30 6:26 PM |
舞台挨拶後の福田監督、ユースケさん、ムロさん達のトークの時に、ユースケさんがさっしーは自分で何言われても大丈夫ってよく言うから、ちょっと勘違いした人が色々な事を言ってくるけど、さっしーだって落ち込む事があると言って(確かこんな感じだったと思います、違ったらすいませんm(__)m)
最後トーン強めにさっしーだって人間なんだって言ってくださったのがありがたかったです

これが聞けただけでも2週間お試しに入って見たかいがありました(笑)
| あしろぎ | 2014/05/30 6:48 PM |
こんばんわ。


完走、凄いですね。。

私は昨日帰宅後見続けて、莉乃ちゃんのカワイイパジャマ姿で仮眠に入るところを
見ると同時に寝ました(苦笑)。


そして朝は出社前に少し見てたのですが、
確かにメンバーのアンケートダメ出しは凄かった(苦笑)
実践してのし上がってきた人だけに説得力あり過ぎ。

これはホントにHKTが最強軍団になるかも??
| Exodus | 2014/05/30 6:57 PM |
これを見るためにCATVに加入し
仕事を休み堪能させてもらいもらいました。
CATVは、他にも余禄もあり結果オーライ
今から今週分の投票
来週分も発注済み
あ〜ぁドンドン 変態指数上がっていく〜(笑)
| パットン | 2014/05/30 8:11 PM |
こんばんは。

ふーちゃん、完走!?乙。
全て録画してるが、どうやって見ようか、思案中。
| くっさー | 2014/05/30 9:37 PM |
この番組は残念ながら観られなかったのですが
『薔薇色のブー子』は映画館で初日に観てくる事が出来ました

もちろん内容はネタバレ回避で伏せますけれど・・・

さっしーの芝居がとにかく上手くなっていましたね
ミューズの頃と比べると、素の表情と力入れる時の表情とかにメリハリがあって
なんというか”味のある芝居”のように熟してきていましたね
一部ですがかなり真に迫ったようなシーンもありました

豪華な共演陣にも負けない存在感を放っていて
これが最後の映画主演だって仰ってるのが残念だって凄く思いましたよ
たぶんさっしーは
もっともっと演技の場数を踏めば相当栄える芝居が出来そうなんですけどね・・・

まだ観に行かれていない方は是非、観に行った方がいいと思います
今回の映画はハッキリ言えば、ミューズより進化したさっしーが観られますからね


| 風南春樹 | 2014/05/31 3:35 PM |
いい映画

薔薇色のブー子

コメデイとは言っているけど、無理矢理笑わせる訳でなく、クスッとくすぐる訳でもなく、
ゆっくりとした時間が流れていく、気持ちいい映画でした。
確かに『毒にも薬にもならない』は言い得て妙。
変に泣かせようとも、笑わせようともしない、観終わって悪い後味は全く残らない映画。

300名キャパのスクリーンを10数名で独占できる贅沢さを楽しんで来ました。
ゆったりと浸かることができる映画なので、
DVDではなく、映画館のスクリーンで観ることを強くお勧めします。

近くの映画館で上映されていて見に行ける幸運な方、
指原ファンでなくても、肩の凝らない、ホッとする、癒しムービーです。
莉乃側はもちろん、僕らが観なくて誰が観る。

| Campari | 2014/06/01 12:00 PM |



※記事内容とは関係ないコメントはご遠慮ください
※当サイトへのご意見はメールでお願いします