指原莉乃ファンサイト さしこむ〜世界征服までの軌跡〜

指原莉乃2nd写真集「スキャンダル中毒」絶賛発売中
<< ペナントレースTOPページボウリング大会 >>

ドラフト番外編

ドラフト番外編。
旗を持ったキャプテンを先頭に各チーム五名ずつが入場してきた場面。
最後に入場してきたチームHが四名しかいないことにすぐ気付いた。莉乃ちゃんいねーじゃん!
(※隣の座席の某指原さんファンは小旗を持った多田さんを莉乃ちゃんと勘違い←)

少し戸惑ったけど、すぐにその理由がわかった。支配人として尾崎さんの後に登場。

この手の挙げ方、貫禄、とても20歳の女の子とは思えない。様になっているところが怖い。
某角栄先生にそっくり(笑)。「AKB改造論」を掲げ、大改革する日もそう遠くない将来とみた。

「支配人」就任をネタだと思っている方が多いよう。
ボクは決してネタではなくマジだしガチだと思っています。
ただ「ネタ」の方が、莉乃ちゃんがやりやすいと思うからそう扱うようにしている。
人事(選抜)に権限はない肩書きだけの存在設定にしておけば、めんどくさいことに巻き込まれない。
メンバーとしての立場もあるからややこしい。
来シーズンは中日にプレイングマネジャーが誕生しますが、兼務はなかなか大変だと思う。
どこかの雑誌で、谷繁さん(もしくは古田さん)と莉乃ちゃんの対談が実現したら胸熱(笑)。

支配人と言っても従来の支配人の仕事とは少し違うんだろう。
現場監督や現場でのプロデューサー的な役周り。
現場に関してはかなりの裁量が与えられいるように見受けられます。
今年のリクアワで急に変更になったMCを、スタッフさんと協議する裏側映像はその一例。
あの時点では支配人の肩書きがなかったことを考えると・・・その後は推して知るべし。

一つ不満なのは、CDのジャケットに記載されているスタッフ一覧。
ネタでもガチでもどちらにしても、「HKT劇場支配人」に尾崎さんと連名で名前を載せて欲しい。
来年のドキュメンタリー映画のスタッフロールにもね。
comments(11)ドラフト会議▲ページトップ
【関連記事一覧】
おはようございます。

「HKT劇場支配人」の欄は私もそう思いました。兼任だろうが支配人には変わり無し。
相応の役割も果たしているわけだし。

貫録(笑)。何?このドヤ顔感(笑)。
もしかしたら、はじめはネタ半分だったかもしれない。でも、それ相応に持ってくるからな。
キャワワな莉乃ちゃんとは全く違う、堂々感(笑)。すでに大御所か!?(笑)
| くっさー | 2013/11/12 5:26 AM |
指原さんファンの中では、将来プロデューサーあるいは裏方に転向する事、秋元氏にべったりな関係が続く事を歓迎する空気になりつつあるのが、とても心配です。

太田プロのタレントとして活躍するのを応援したい者としては、危機感のようなものさえ感じています。

AKB48グループの中で、独特のセンスや能力を発揮する為の支配人の肩書きを持つのは、別にいいと思いますが、いつか卒業した時には、仕事面ではスパッとグループから離れて欲しいです。

こんな考えしてると、ファンじゃないとか、アンチとか言われるんでしょうが…。
| うし | 2013/11/12 7:57 AM |
ほんと貫禄ありますよね。
自分がメンバーとしてどうすべきかということはもちろん
HKTさらにはAKBがどうすべきかも考えているように感じます。
多くの人が自分のことで精いっぱいなはずなのに
全体のことも考える莉乃ちゃんすごい。(だめな指ヲタの典型例かも)
でもそれは、HKT移籍という大イベントを経て、
自分のことだけを考えていてはいけない状況を無理やりにでも作られたからなのかなとも思います。
本当にどんどん大きくなっていくこの子の将来が楽しみです。
| さっじ | 2013/11/12 9:42 AM |
一枚目の画像だけを見ると、尾崎さんが露払いをしながら大支配人様の登場といった雰囲気。ベストスマイル賞とはうってかわってキリリとした微笑み。うーん、このコはいくつの顔を持っているんだろう。

この日のさっしーは全てにおいて大人のコメントで、終始支配人の立場だったんでしょうね。
川本さんの抽選時にぱるるといちゃついてたのと、最後にあおきーさんを弄ってたのを除けば。

さっしーがのびのびと支配人業にも力を入れられてるのは、尾崎さんの存在が大きいと思います。エンターテイメントのなんたるかをさすがに御存知。
スタッフと指原支配人のパイプ役もやられてるんじゃないかと、勝手に想像してます。
終わった事を言っても仕方ありませんが、前任者の某支配人であれば「指原を支配人に」という声も出なかったでしょうし、メンバーとスタッフ間の風通しが非常に悪いままだったんじゃないかな。
昨年のさっしーの生誕祭を台無しにしてくれた恨みは忘れません。

このダブル支配人の仕事ぶりとAKB運営スタッフを見ながら、秋元Pが「やっぱ指原AKBに戻そうかなあ」なんて考えるのが一番怖い。
何せ、本店のダブル支配人はチーム4と研究生の事で頭がいっぱいのご様子なので。
あっ、ちなみにボクは戸賀崎さんを「総支配人」とは思ってません。肩書きを付けるなら「チーム4専属支配人」
いい加減にしないとSKEとNMBのファンが大爆発して、HKTまで火の粉が飛んで来そうです。
そりゃ怒るわ。
| ZOLA | 2013/11/12 11:01 AM |
>「支配人」就任をネタだと思っている方が多いよう。
ボクは決してネタではなくマジだしガチだと思っています。

私もそう思います。
松村ググタスにて、ドラフト会議終了後の支配人や各チームキャップへのインタビュー映像の
最後のほうに、穴井キャップと姫のインタビューがあるが、最後のさいごで松村がマツムラブCD再販について姫に何枚にするか訊いている場面がある。
この時姫の顔が急に変化し、それまでのアイドル顔から、とある会社組織の重役職のような、いってみれば部下から決済についてお伺いをたてられ、裁量を下すときのような、そんな顔になった。
私は長年の経験からこのような場面を幾度となく見てきたが、まさにそれ。
これは、私の直観ですが、姫には額は少ないかもしれないが決済する裁量権をある程度与えられているような気がします。そうでなければあのような顔には絶対にならないし、アイドルは仮の姿でありビジネスで、本当は上記のようにネタではなくマジガチかもしれませんね。
| T | 2013/11/12 11:34 AM |
さっしーが山本さんの肩を叩いてる写真に「ヨッシャ、ヨッシャ」って吹き出し入れたくなるのは私だけではありますまい(笑)
| 世紀末モヒカン | 2013/11/12 12:37 PM |
さっしーはその場に応じた自分の見せ方を
本当によくわかっているなぁと感心します
とてもドラフト会議のさっしーと指原の乱のさっしーと
ピュア肌のさっしーが同じ人とは思えないwww
| ソラリス | 2013/11/12 1:30 PM |
ポジションが人を育てる。
莉乃ちゃんを見ているとそんな感じがします。

才能があっても最初から出来る人はなかなかいない。
今となっては、尾崎さんのヘッドハンティングさえも、莉乃ちゃんの教育のためではないかと思ってしまいます。^_^

根は張れるところに遠慮なく張るので、のびのびと自由に育ってもらいたいかな。
| Pom | 2013/11/12 9:55 PM |
以前、支配人の仕事は?と聞かれて「お弁当の手配とか」と答え、笑いを取ってましたが…
実はこれもガチなんですよね。
本店と比べて支店グループのケータリングが異常に粗末なのは周知の事実。
莉乃ちゃんが支配人に就任してからHKTはちゃんと温かいケータリングに変わったと聞いています。

もう何人かの方が書かれていますが…
1位になって以降の莉乃ちゃんを見ていて「とんでもない大物を推している」感は拭えません。
いったい1年半前のあの切迫した空気は何だったのか?

おっさんの全力の切ない思い、返せ!

とにかくこんな風に勢いづけてしまったのが我々指ヲタである事は間違いありません。
これから莉乃ちゃんが見せてくれる世界を見届ける義務がありそうです。
責任上、推しをやめるとか足抜けは許されないと私は心得ています。

ボクは2年前の、あのグリーンのジャージを着た19位の莉乃ちゃんで良かったんですけどねぇ。
| 貧乏性 | 2013/11/12 10:29 PM |
はじめまして
たしかに違和感を感じています
弱冠二十歳にして私なんかよりずっと大物に
時折見せるかわいらしさを応援していたはずだったのに
この貫禄は。。。
単純にミュージシャンなら少女から本物への切り替えもあるでしょう、
しかし、これはまるで新人が上司になっていくような恐ろしさを禁じえないです。
上司のようなアイドルに微力ながら推してしまった。。。
まるで恋人が鬼嫁に変わっていくのをおおらかな気持ちで見届けなければいけないようです。

それでも好きだよ!!
| いち | 2013/11/13 4:20 PM |
多分ね。グループの方向性だとか、何をやりたいかとか、プレイヤーの立場からマネージメント側と話ができる立場なんでしょうね。
支配人っていうよりは、監督やヘッドコーチかな。支配人は数字が読めないとできないから。
あと、多分、さっしーの意向や企画を実現するブレーンがいると思いますけどね。

ボーリング大会にしろ、メンバー全員参加の一発芸大会にしろ、手を変え品を変えた企画ものの多さは、HKTの特長ですよね。
それは公演のMCにもいえて、ユニークだといつも思います。


| ほら | 2013/11/14 1:35 AM |



※記事内容とは関係ないコメントはご遠慮ください
※当サイトへのご意見はメールでお願いします