指原莉乃ファンサイト さしこむ〜世界征服までの軌跡〜

指原莉乃2nd写真集「スキャンダル中毒」絶賛発売中
<< 一人一人にスポットライトTOPページドラフト番外編 >>

ペナントレース

旅館で友人たちとワイワイしてたら「23時からYoutubeで重大発表」の一報。
ワクワク3%、嫌な予感97%で23時を待っていました。蓋を開けたら、あの動画。
久しぶりにズコーと吉本新喜劇ばりにこけた。ホントどうでもいい話だった。
翌日のドラフト会場でサプライズ発表すればいいものを、わざわざ前日夜に発表。
盛り上がっていないドラフトを煽るため&宣伝告知だろうが、にしても内容がひどすぎた。

「ペナントレースと題してチーム戦を実施する」まではいいと思う。
だが、その対象に「公演倍率」を持ち出してきたところがイケてない。
運営が何も考えず、行き当たりばったりの思いつきで企画し発表したのが明らか。
人口、モバイル会員数、柱枠(AKBのみ二本柱というファンクラブがある)など、各グループ条件が違う。
AKB内で4チームが競うなら土俵は同じだからいいが、支店を巻き込むなら土俵を整理すべき。

チーム戦で戦うなら、公演倍率よりもこんなものの方がまだフェア。
・チーム毎にシングルをリリースして売上げを競う
・AKBの個別握手会での完売数(完売率、合計売上枚数など)をチーム毎に集計して競う
・選抜総選挙で、チーム毎の合計票数(もしくは一人当たりの平均獲得票数)で競う
三つ目の案は、個人戦の様相が強い総選挙にチーム戦の要素が加わり面白くなると思う。
ファンは一推しに投票すればいいから、チーム戦を意識して票を流すこともない。

公演を土俵にするのが目的なら、倍率ではなくキャンセル待ち入場数を対象にした方がまだまし。
キャン待ち80番まで入れる公演と、キャン待ち5番までしか入れない公演。どちらが人気か明らか。
「キャンセルが発生しない公演」は「人気が高い公演」とニアリーイコールだ。
これならば数字だけを釣り上げる空申し込みを防げる。(※他チームに対する嫌がらせ行為は可能)
グループが所在地を置く商圏の人口やモバイル会員数などに左右されない。

公平に勝負できる土俵作りで言えば、一番大事なのは新公演の存在だ。
新公演を実施しているチームと、お下がり公演やシャッフルセットリスト公演のチームは比較できない。
ファンが見たい度は新公演を実施しているチームの方が有利。
ペナントレースをスタートさせるのは、各チームの公演が出揃ってからにすべき。
新公演が遅れに遅れ土俵を整備できていないのに、その土俵で勝負させるのはおかしい。順番が違う。

別の視点で考えてみる。
48グループにとって公演が原点であり、最も大事なものなものであることは重々承知している。
だが、今や全国津々浦々、老若男女に愛される国民的アイドルグループだ。
”ファン”の何パーセントが公演に行ける環境にあるんだろうか?
公演を生で見ていなければファンにあらず。公演を申し込まなければファンにあらず。なのか?
地方でDMM配信を見ている在宅ファンの方が、現場ファンより公演知識を有する場合もあるはず。
生に勝るものはないし、「劇場公演を見て欲しい」と考える運営やメンバーの気持ちもわかる。
だがなー。握手会や劇場に通う人だけがファンではないのだよ。
「公演倍率で競う」とは、ファンの一部を対象にしていると指摘されても反論できまい。
ペナントレースの一番の問題点はここにあると思っています。
選抜総選挙のようにファンが全員参加できる形が望ましい。
DMMでの生配信接続数やDL数をカウントすれば、多少改善できるかな。

ファンの絞り込みや選別はあってはならない。
投票権を持つ対象を広げ、それでいてなおかつ公平な元で競い合うルール作りを望みます。
comments(13)ペナントレース▲ページトップ
【関連記事一覧】
管理人さん、こんにちわ

ペナントレースの件、全てにおいて同感です!

競争する項目を複数にして、各項目の順位にポイントを与え、合計ポイントを争うならまだしも...

まあ、昨日のドラフトで複数項目にするような補足していましたけど...
(´・ω・`)

是非ともをメンバーやファンが納得する評価基準を示して欲しいですね
(可能なら不正や妨害が出来ないか影響されにくい)
| ダッファー | 2013/11/11 12:37 PM |
こんにちは。

プロ野球に倣ってドラフト会議。やり方はともかく、イベントとしては面白い。そして、次はペナントレース?何でもプロ野球に倣えばいいのか?本店支店の各チーム。ふーちゃんが言うように、同じ土俵での戦いになってない。ちょっと無理のあるシステムですな。やるのはいいが、中身を見直すべし。拠点ごとに人口だって全く違うし。安直な考えなのかなぁ?ブレーンはおらんのか、ブレーンは!
| くっさー | 2013/11/11 3:14 PM |
今回のこのコラムをそっくりそのままAKBの運営に見せてやりたい。
いかに自分たちの発想が貧困で行き当たりばったりなのか。割りを食うのはいつもメンバーとファン。大の大人が雁首揃えて何をやってんだろ。
一度彼らの企画会議を覗いてみたいわ。

秋元さん、ご自分の後継者も大事でしょうが、スタッフ整備も大きな課題ですよ。思いきって石原さんや青木さんを尾崎さんみたいに引き抜いちゃえ。
| ZOLA | 2013/11/11 3:55 PM |
こんにちは。

私はちょっと違った視点で考えています。
今回のペナントレースやドラフト会議の主目的は、メンバー自身に考えさせることにあるのでは。

チームの現状を分析し、チームカラーや今後の方向性を考えメンバーを補充する。そして、公演をより魅力的なものにし、ファンの方に楽しんでもらうためにはどうすればよいか。

勿論、今までも考えていたでしょうが、より高い意識でメンバー同士で話し合い試行錯誤して良い物を作り上げていく。

メンバーの意識を高め、成長させていくためには良い試みだと思っています。

まあ、莉乃ちゃんはずっとやってきていることですが、他のグループ、チームでもそういった意識を持ったメンバーを育てたいのでしょう。


当然、勝負事ですから公平なルールが望ましいのですが、ファンの方はあまり結果に拘ら過ぎずにメンバーの成長を応援してあげて欲しいと思っています。

長文、失礼いたしました。
| 左手薬指のホクロ | 2013/11/11 4:47 PM |
選挙の平均獲得票数、いいですね〜!
シングルの売り上げ競争も、面白そうで賛成です。

視点が変わって、今まで見えてなかったところも見えてくるかも
 知れないですね。

後、個人的には、公演倍率は除いた方がいいと思ってます。

とがちゃん、空撃ちをはじくシステム?を採用、とか言ってましたが、
 単発イベントの選挙の時でさえ、あのグダグダ修正しか
 出来なかったのに、全ての支店の運営も絡んで、継続的に
 行われる公演で、いわゆる“不正”を監視して、それを
 ちゃんと除外できるシステムを今の運営が採用できるとは
 到底思えないんですよね・・・。

まっ、公演にはまず行くことのできない私のただのやっかみかも知れませんが。(笑)

それから、ペナントからのドラフト指名に関しては どうせやるなら
 “部分的”ウエーバー方式も取り入れて、前年最下位だったチームだけには
 優先独占交渉権を与えて、例えば B兇里茲Δ紡臺が居なくて、陽の当たりにくい
 チームにも スポットを当てて翌年の戦いを より面白くして欲しいですね。

“部分的”なら今回醍醐味の一つであった重複再抽選が全く無くなる
 こともないですし、弱いチームの補強も優先されるはずなので、
 願ったり叶ったり、になるはずです。(笑)
| のらねこ | 2013/11/11 4:54 PM |
サシコムさんはさすが天才。期待通りのコラムです。運営は無能すぎる。話題作りしたいのは分かるが、目的が良く分からない。チームの順位付けをして何がしたいのかさっばりわからない。この企画は秋元康は絡んでるのか?絡んでるとしたら、秋元康は終わってるが、絡んでないでしょうな。秋元康以外に有能なスタッフはいないのか?戸賀崎さんも全く話にならない、全く使えない。スタッフ総入れ替えを希望します。
| さっしー推しは不変 | 2013/11/11 7:37 PM |
追加の詳細がでましたね。思うに、劇場公演で頑張っている娘のモチベーションを上げるための施策なんでしょうね。
野球やサッカーってのは、一定のルールの中で点を多く取ったチームが勝つ。
得点はホームランであろうが送りバントであろうが得点は絶対なんですね。

一方、演芸やダンスってのは、個人の主観、審美眼によるところが大きい訳で、故に、体操、アイススケート、シンクロなんかは複数の専門家が審判役になって、統一の加点基準を設けて、技能を数値化して、順位を決める訳ですね。

つまり、複数の方が審判に成って、客観的な数値データの上に、公演内容を見て、審査し、加点を加えて、優劣を競うと言うことに成るんでしょうね。
それも評価方法としてはあり。な訳ですが、また色々と物議を醸し出しそうですね。w

まぁその物議すらも、話題作りとして織り込み済みなんでしょうが・・・・w

| ほら | 2013/11/11 9:35 PM |
何もないところからスタートするなら勝負になりますが・・・。

自分は、さっしーがAKB48のチームAにいたときはチームA推し。今はHKT48チームH推しです。
既にメンバーにファンが付いていますし、一般視聴者(ライトファン)はAKB選抜常連メンバーがいるチーム以外にどれほど興味をもつのか?
先日のHKT48のパジャマドライブ公演の昼公演の定員割れは、その日のメンバーのパフォーマンスを観る前に勝負は決していたわけで・・・。NMB48のチームB兇TDCの公演とか。

人気メンバーの所属に偏りがある現状で、どの方法も?
| 木枯し | 2013/11/11 10:53 PM |
同感ですね。
勝敗基準が「公演倍率」と聞いた時の失望感と言ったらない。
ちゃんと考えてないのは明らかですね。
プロ野球のマネゴトをするのはそんなに悪い発想じゃないと思いますが、それにしても・・。

総選挙のように多くのファンが参加できて、第三者からも判別できるような方法でないと
盛り上がらないし、逆に勝敗にケチが付く元になる。

敢えて前向きに考えて、評価を可視化したいというのなら、せっかく総選挙の投票システム
があるのだから、これを活用してチーム/公演毎にファン投票できるようにすればよし。

とにかく、やるのであれば熟慮を求めたいですね。
来年4月スタートだって問題ないはず。

| 太公望 | 2013/11/12 12:48 AM |
管理人様、お疲れ様です。

私もずっこけた1人です。と同時にいろいろと「?」が噴出。
選抜の出席率や新公演のタイミング・・・
管理人様はじめ皆様がご指摘のように土俵が違いすぎますね。

加えて、我が博多軍に関して言うと・・・
グループ内競争なら「チームH」はどこと戦うのか?
「研究生グループ」は入るのか?
「ひまわり組」の扱いは?
と、いろいろ浮かんできた次第です。

最後にひとつシステムはどうあれ、優勝した際のご褒美(待遇等)が
書かれていないのがどうにも盛り上がりに欠けますね。
ひょっとしたら運営側も不平等を認めていて、ご褒美は出せないのかなぁ?
(下衆の勘繰り)




| ふるせん | 2013/11/12 9:41 AM |
武道館で白黒つけたのに、運営はまだはっきりさせたいのか。笑

劇場公演を重視していきたい事は反対しないけれど、ちょっといきなりぶち上げ過ぎなのでは。
新公演も出そろってないうえ、各劇場で環境が違いすぎて、先行きが不安です。

まずは、各劇場毎に公演の優劣から始めても良かったのではないでしようか。それをやることで、比較要素や公平な方法論も分かってくるような気がしますし、皆の反応や意見も分かってきます。

その後に、全体としてのシリーズなのか、ペナントなのかを考えても遅くないはず。

とにもかくにも、なんでもありのAKBG。ペナントがうまく行くことを願ってます。(^_−)−☆
| Pom | 2013/11/12 9:35 PM |
ここまでくるとわざと未完成のまま世に出して炎上させているとしか思えない(苦笑)。ツッコミどころがいっぱい有りすぎるのでまず三つだけ。他は別の機会に。

まず会議において誰が提案したか?普通の企業なら捻り潰されてしまう完成度。AKSのトップダウンの意見であることは明らか。個人商店なので発言した人間は限られてしまう。さあ誰でしょうか。

二つ目は倍率の解釈。そもそも需給のミスマッチが倍率なので、解消に向け努力するのが運営の本来の仕事。二倍でも二十倍でも二百倍でも収益は変わらない。僕からすれば無駄なエネルギー。倍率が高いのは企業として恥ずかしいことを理解してほしい。(たまにあるプレミアム公演は別。)

三つ目はチーム推しを増やす方法について。組閣を二回経てチームカラーがなくなり、輪郭のみしか残っていない。伝統を受け継ぐメンバーを育てず、安易にシステムのみでしかファンやヲタを楽しませることしかしなくなった結果ではないだろうか。超選抜がいるチームという説明の仕方しか分からない人に出来ない。

地域差、ハンデ、曜日と時間、公演回数などまだまだ沢山ありますが、今日はこのくらいに。

| 四谷三丁目 | 2013/11/13 9:23 PM |
こういうアイデアしか出ないから、後継者にさっしーの名前が挙がるんでしょうね。

運営でいいアイデアでないなら、さっしーなどのグループの変人集めて、適当に議論させて、そこからアイデアを拾うとか、メンバーからイベントのアイデア募集して、コンペでもやればいいのに。
| かりぶ | 2013/11/13 10:55 PM |



※記事内容とは関係ないコメントはご遠慮ください
※当サイトへのご意見はメールでお願いします