指原莉乃ファンサイト さしこむ〜世界征服までの軌跡〜

指原莉乃2nd写真集「スキャンダル中毒」絶賛発売中
<< 疑惑の総合商社TOPページほめられ伸び子 >>

ウイークリー1位

スキ!スキ!スキップ!がオリコンウィークリーチャート一位を獲得しました!
なんと、売上枚数25万枚超。乃木坂の最新シングルに勝利。
昨年の対決では多勢に無勢で負けましたが、強力な仲間達と共に雪辱を期した。\(^O^)/
胸のつっかえが取れた(笑)。

記念にオリコンのサイトをキャプりました。HKTのみんなおめでとう!
莉乃ちゃんはAKB、Not yet、ソロに続いて4つ目の名義(全て異なるレーベル)で首位獲得。
48グループではバラエティ班と位置づけられているが、実は本業の歌で最も実績があるメンバー(笑)。
バラエティ担当?MC担当?はぁ?ちげーよ。アイドルグループ成功請負人です!(キリッ
数字と実績は嘘つかない。これまでの実績がそのように申し上げております。

以下は、スキ!スキ!スキップ!と北川謙二の売上げデータを某所から拝借してきたもの。あざーす。

週間とは、合計数に補正がかかったものでウィークリーチャートの最終結果。
サウンドスキャンとは、オリコンとは別会社のサウンドスキャン社のデータ。
これには劇場盤売上げが含まれておらず、端的に言えばCDショップのみの売上げということ。
このデータから何が見えてくるか??

さすが先輩のNMBだが、HKTもそれほど大負けしていない。
最終的な差(6.7万枚)は、ほぼ初日の差(5.4万枚)。
さらにサウンドスキャン社のデータを見ると、スキ!スキ!スキップ!が勝っている。
HKTはデビュー祝儀もあるので単純比較はできないが、CDショップでの売上げは知名度ある先輩と互角。
この二つのデータからわかることは、NMBとHKTの差は「劇場盤の売上げ」であること。
(※握手会の開催日数や所属メンバーの人数の違いがあり、これも単純比較はできない)
劇場盤の売上げとは、個々のメンバーの実力(人気)のこと。

つまり、CDショップでの売上げは互角なので、グループとしては互角。
しかし、個々のメンバー勝負になった場合、まだNMBには負けている。
おそらくこのデータ通りの結果が選挙でも出るだろう。

HKTはまだデビューしたばかりで、個々のメンバーもグループとしても伸びしろは大きい。
ばしっと格好良く言おう。年内にNMB超えを果たす!!一気に行くぞ。
そのために必要なのは個々のメンバーのスキルと、人気度、知名度アップ。
それがひいてはチームの総合力アップへと繋がる。我が軍は逸材揃い。まだまだ化けるよ。
comments(2)スキ!スキ!スキップ!▲ページトップ
【関連記事一覧】
まず、ショップでの売上がNMB越えとは。これは、かなりすごい。

他のグループと比べると、我が軍は個々でみると確かに弱い。

ただ、戦いはチームです。しかし、指原がいれば、なんとでもしてくれるの?って感じです。
| yukiyuki | 2013/03/28 11:20 PM |
おはようございます。

まずは上々のテイクオフ。この上ない滑り出し。このまま上昇気流に乗っていきたいですね。他グループに勝つとかいうより、気付いたら、あら、抜いちゃってた、って感じが理想ですが。
| くっさー | 2013/03/29 7:17 AM |



※記事内容とは関係ないコメントはご遠慮ください
※当サイトへのご意見はメールでお願いします