指原莉乃ファンサイト さしこむ〜世界征服までの軌跡〜

指原莉乃2nd写真集「スキャンダル中毒」絶賛発売中

今年も始まりますね。。。

今年も例年どおり有給を取得して、自宅待機です。
CDの開封作業も、シリアルの入力作業も、手慣れたもんでやるべきことをやるだけです。

緊張感を持つのはいいけど、危機感を持つ必要はないと思うんですよね。
いつも通り莉乃ちゃんだけを見て、いつも通り戦えば、結果はついてくると思います。
選対委員長の莉乃ちゃんが少し前のめりになっているところが気がかり。
焦りから生じているんでしょうけど。。。
大将はドシッと構えて、ゲキを飛ばして貰えれば。

今晩のSRの速報投票も、お祭り感覚で楽しんだらいいと思います。
先日も書きましたが、いつも速報で突っ込んでいる人は今年もよろしくお願いします。
逆にいつも速報控えめな人は今年も控えめでお願いします。

松井珠さんや渡辺さん、宮脇さんら首位をうかがう人たちは、奇襲をしかけないと勝てない。
それは四年前、僕らが奇襲をしかけて大島さんに勝利したときのように。
つまり、「いつもとは違うぞ」と自軍に対しても周囲に対しても思わせることなんですね。
僕らとしてはその展開にしては駄目なわけで、僕らから仕掛けて「いつもと違うこと」をやらなくていい。
他ヲタさんや運営サイドには大変申し訳無いですが、
「指原盤石」という選挙としては面白くもなんともない展開に持ち込む。

ひとまず速報ですね。いつも通り頑張りましょう。焦らずドシッと構えて楽しく選挙戦。
comments(6)選抜総選挙▲ページトップ

第九回総選挙選抜争いダービー

今年もこの季節がやってまりました。
毎年、大きくメンバーが入れ替わる注目の選抜争い。
今年は昨年から6名が抜け、枠数が大きく増えました。
今年は一体誰が選抜入りを果たすのでしょうか。

【ルール】
・昨年の総選挙選抜メンバーは選抜確定として残り6枠の予想をする
◎:当確(2名)
〇:濃厚(2名)
▲:チャンスあり(2名)
×:次点(17位)or一発大逆転あり!(1名)


本紙予想ですが、手堅く当てに行きました。
注目すべきは兒玉さんの選挙辞退を受けて、HKT三番手が誰か。三番手が選抜入りできるか。
昨年の選挙順位を元に考えれば朝長さんが有力ですが、本紙は紅白で17位の矢吹さんを推します。
アンダーガールズを対象としてサブMC選挙でも見事一位でしたからね。
不安点は速報でいい位置につけて、チャンスが生まれたとき指原さんの票が流れる心配。
矢吹さんにとっては追い風、指原さんにとっては逆風。獲って獲られての厳しい世界。

もう一人の選抜確定◎予想は小嶋真子さん。
昨年は三銃士の岡田さんが選抜入りし、さらに岡田さんはSTU兼任も発表されました。
一歩先を行かれた感があるので、今年こそは選抜入りしたいところ。
なんなら順位でも岡田さんの上い行きたいところです。三銃士対決に注目。

選抜濃厚なのは峯岸さんと松村さんの返り咲き組。
松村さんは昨年総選挙を辞退しており、一年のブランクがどう出るか興味深い。
総選挙は若手の推されよりもベテランが強い法則があるので、この二人はランクインしそう。
可能性ありの▲は高柳さんと込山さんを指名しました。
松村さんと高柳さんがランクインし、須田さんと松井さん含めてSKEから4人ランクイン予想です。
昨年辞退した松村さんの再出馬の意図とは??SKE選対は第一党狙いなんでしょうね。

一発逆転の×印は強気に吉田さんに印を打ちました。
他の方の予想では白間さん優勢のようですが、話題性を考えると吉田さんを推したい。
AKB運営としてもこういう形で脚光を浴び始めた吉田さんのランクインは願ったりかなったり。
障害はないと思います。
ただ、紅白は上位でしたが、選挙では毎回スロースターターなんですよね。
選抜狙うなら速報からいい位置につけておきたいところ。

以上が本紙予想です。6人中4人当たったら合格じゃないですかね。
昨年は2万票後半から三万票台が激選だったので、今年も混戦が予想されます。
comments(8)選抜総選挙▲ページトップ

フライヤー印刷用

フライヤーの印刷用データです。

【フライヤー印刷用jpg】
2017年版表面(A5サイズ,2480x1748,300dpi,1.2MB)
2017年版裏面(A5サイズ,2480x1748,300dpi,650KB)

解像度は印刷用で300dpiで作っているので結構大きいです。
これをA4サイズで印刷したい場合は、画像の解像度はそのままで、212dpiに変更してください。

郵送による配布も引き続き承っています。
送料無料、郵便局留めOKです。ご一報ください。

comments(1)選抜総選挙▲ページトップ

しびれを切らした?

選挙が近づいて来ましたね。いろんなところで選挙の風を感じます。
今日の莉乃ちゃんのモバメもその一つ。
肌で感じ取っているんでしょう。今年はいつもと違うぞと。
選対委員長はしびれを切らしたのか、この時期から早くも前線に立って陣頭指揮を執り始めた(笑)。

速報勝負すべきかどうか。うーん。
僕の見解は、「莉乃ちゃんはそういうことを発言すべきではない」かな(笑)。
毎年議論になりますが、今更「速報で勝負をしない」という選択肢はありません。
かといって、ことさら「速報勝負で頑張ろう」と煽る気持ちもありません。
指ヲタのみなさんは選挙を戦い慣れているじゃないですか。個々の判断でいいと思います。

毎年速報である程度突っ込んでいる人は今年も突っ込む。
毎年スロースタートの人は、今年もスロースタートで行く。
例年と同じ戦い方、ルーチンで行ってほしいんですよね。じゃないと票が読めない(笑)。
速報何位でもいいんですよ。一位でも二位でも。
順位は何位でもいいけど、速報で獲得する票は例年並に獲りたい。多くもなく、少なくもなく。
そうすれば最終票も例年並に積み上げられる。
僕らは王者。胸を貸すつもりで、いつもどおりの戦い方をして、いつも通りに票を積み上げる。
いつもと違うことが一番駄目なんですよね。

というわけでみなさん!
今年も例年通りの票数を突っ込んでくださいね。
速報も頑張る。速報後も頑張る。ライバルは昨年や一昨年の莉乃ちゃんです。
comments(5)選抜総選挙▲ページトップ

フライヤー配布

大変お待たせしました。今年のフライヤーが完成し、昨晩印刷業者に入稿しました。

【表面】

【裏面】


CDより安いとか、余計な情報を断捨離して、要点を絞って作りました。
はっきり言って画像ありきの作品です。
例年より少し作成が遅れたのは昨年の反省からです。
昨年はフライング気味に三月に作成したところ、四月末にモバメにも投票権がつくことになった。
今年もこれから何が新たに発表されるかわかりませんが、ギリギリまで待ちました。
決して「腰が重たかった」ことへの言い訳ではありません(笑)。

今週末の名古屋個別から配布が可能だと思います。
例年通り大っぴらに配布はいたしません。
ファンからファンへバケツリレー方式で手渡ししていきます。
指ヲタの友人網が太い方は、界隈の分をまとめて受け取ってくれると助かります。

このフライヤーは指ヲタさんに投票を促す目的のものではありません。(ここ重要)
指ヲタさんが知人や友人のモバイル票を勧誘するための「武器」」として使用していただくものです。
どのように使っていただいても自由です。がんがんモバイル票を集めてください。

現場に来れない方に向けて地方発送も承ります。
送料は当方で負担します。ご希望の方は、admin☆sa-shi.com(☆は@に)にメールください。
郵便番号、お名前、ご住所を明記してください。昨年同様、郵便局留めでの発送もOKです。
「郵便局留めってなんやねん?」って方はぐぐってください。
いただいた個人情報は発送と同時に破棄します。

以上です。今年もよろしくお願いします。
comments(16)選抜総選挙▲ページトップ

変な空気を作られたくない

今年もフライヤーを用意します。
来週末に間に合えばいいなーという進捗状況です。(簡潔に言えば手付かずw)
アイディア等は頭にあるので、パソコンに向かえばあっという間さ!!!

さて今日の東スポのにちょっと嫌な記事が乗っていました。
山本さんと柏木さんの票が渡辺麻友さんに向かい連合軍を形成するというもの。
選挙の度に話題になる選挙辞退者や卒業メンバーの票の動向。
特殊なケースを除いて、この類の票は”ない”と思っています。
”ない”とわかっていながら、これが気になる。懸念しているのは風を作られてしまうこと。

連覇を果たし圧倒的票差で勝った昨年の票数を見れば絶対王者。
それは確かにそうなんだけど、強すぎるが故だとわかってはいるけど、ヒール扱いされるのが嫌。
北の湖みたいなもんですかね。強すぎるから憎まれ役になってしまう。
選挙は個人戦なのに、妙な空気を作られて一対複数の構図になると辛い。
莉乃ちゃん本人も、選挙戦を戦う僕ら指ヲタも精神面をやられちゃう。

そのうちニッカンの瀬津さんがこの手の記事を書くはず。
運営の想いを「忖度」してね。今年の流行語の「忖度」というやつですわ。
御用達新聞が記事にすると、事実と異なることが「既成事実」になっちゃうんですよね。

こういう記事が上がってくると選挙戦が始まっている実感がありますね(笑)。
劇場盤三次受付が始まっています。莉乃ちゃん、まだ完売してませんよー!!
comments(12)選抜総選挙▲ページトップ

立候補とエイプリルフール

おはようございます。
これから埼玉スーパーアリーナに行って来ます。(^o^)

いよいよ選挙戦がスタートしますね。昨日の夜、莉乃ちゃんが立候補届けを提出しました。
その時間、会社の飲み会最中で、友人からのLINEで一報を知りました。
その瞬間いろんな想いが交差しましたが、気づいたら心が昂ぶり燃え上がっている自分がいた。
不思議なもんですね(汗)。今年もやりますか。頑張りましょう。
多方面から連絡があり、昨晩からドタバタしており、サイト更新が遅れました。
これから二ヶ月半、選挙期間中だけ2日に一度ペースぐらいでコラムを書いていきますね。

選挙の見通しですが、一ヶ月前に書いた記事と変わっていません。
ファンが「最後の選挙」にどれだけ奮い立つかというと正直厳しい状況です。
目標が「一位」「三連覇」であるなら、それほど高いハードルではないんでしょうけどね。
鼻くそほじりながら、左うちわに右扇風機で眺めているだけで勝てるなら楽なんですが。
なんだかんだで毎年厳しい選挙戦になりますね。

劇場盤の受付が始まっています。
購入方法がわからない方、購入について相談したい方はご相談ください。
admin★sa-shi.com(★を@)にメールください。


話変わって、本日エイプリルフールです。
毎年やっていたんですが、今年はなしで申し訳ないです。
今年は豊永阿紀ちゃんでジャックする予定で準備してましたが、選挙準備のためお蔵入り。
躍進に期待しています。選挙ランクインも可能なんじゃないかなー。

というわけで今からSSA行ってきます。らぶたん姉さんの最後を見届けてきます。
comments(9)選抜総選挙▲ページトップ

STU兼任

莉乃ちゃんがSTU兼任かー。
このニュースを耳にしての第一インプレッションは「卒業が遠のいたな」でした(笑)。

未明に届いたモバメで本音をポロッと漏らしてましたよね。
自分のファンが他のメンバーに流れていくのはさみしい的なことを書いていた一文。
ポロッと、しれっと、乙女心を見せるところがかわいいなーとニヤニヤしてます。

STU兼任&支配人就任したとして、何が変わるのか?
それじゃなくても多い莉乃ちゃんの仕事量に一つ追加されたわけですから心配性のファンは心配ですよね。
実際にどうなるかわかりませんが、今と大きく変わらないと思います。
STUの劇場公演にバンバン出演するとは想像しにくいですし。今もHKTの劇場にほとんど立ててませんからね。
ではなぜ兼任&支配人になるんでしょう?

ズバリ一言で言うなら「客寄せパンダ」なんだと思います。
STUが冠番組を持ちたいとする。運営がTV局を説得し、TV局がスポンサーを説得する。
その際に「指原莉乃」というカードはジョーカーになるんですよね。
HaKaTa百貨店やHKT48のおでかけのような、メンバー紹介番組になるんでしょう。
関東圏でも放送してくれるなら、また莉乃ちゃんのTV出演本数が増えちゃうわ←

もう一つは「マスコミ寄せパンダ」の側面もあるでしょうね。
STUがいつお披露目されるかわかりませんが、いつも通りだとAKBのイベント等のどこかでしょうか。
移動式の劇場がいつオープンするかこれもわかりませんが、マスコミが集まってくれるのか?
指原莉乃というジョーカーを使って、マスコミを集める。
莉乃ちゃんは意図を汲んで、マスコミ向けのリップサービスをする。
それがネットニュースや新聞記事になる。

もちろんこれだけではないでしょうけど、一番運営が期待しているのはそこなんじゃないかなー。
同時にジョーカーを切らざるを得ないところが、48グループの人材不足を示しているように思います。
莉乃ちゃんの知名度におんぶに抱っこ状態ですからね。
莉乃ちゃんは頭いいいし、それらも全てわかった上で引き受けた。
でもやるからには名義貸しだけにはしたくない責任感からの兼任申し出なんでしょうね。

はぁー卒業が遠のいた。選挙も確実に出るな。
STUから総選挙一位を出す・・・早速出てまうやんか。
comments(11)AKB48▲ページトップ

今年の選挙展望

年明け早々、神のお告げを聞きました。
空耳か聞き間違いかと思いいったんペンディングしていましたが、本日再び神の御言を賜りました。
そんなこんなで久しぶりに更新しています。

どうやら今年も「立つ」そうです。本人はやる気満々。
大将が「立つ」と言うなら、我々はついていくのみ。目指すは最良の結果ですね。
莉乃ちゃんの過去の実績を考えると、一位を獲ったらいいと言うものでもないのが辛いところ。
票数もそれなりに獲って、「今年も選挙は大盛り上がり」と宣伝できる結果が求められます。

現時点での選挙展望ですが、今年の我が軍は15-16万票程度だと予想しています。
渡辺麻友さんが立候補してくれて、速報から競ってくれれば18-19万程度は獲れるかも。
渡辺さんが立候補しないなら前述どおり15-16万票。
僕の票数予想は毎回”少なくともこれぐらいは獲れる”を基準に数値を発表しています。
調子のいいときの票数を「実力」として計算すると、調子悪かったとき負けちゃうからね。
15-16万票という予想を聞いて、「そんなわけない。もっと獲れる!」と思う方がいるなら、
「その空気感こそが最大の敵」とお答えしておきます。
ファンの間にそんな余裕綽々の空気がはびこったら本当に15-16万しか獲れないよ。
僕が現時点で15-16万票と書いているのは、最終的に20万票overにするための戦術です(笑)。

昨年の選挙で24万票獲りましたが、実際のところ本当の「実力」は19万票前後でしょう。
昨年は速報で負けたこと、負けた相手が渡辺さんだったことで、5万票の上乗せが"出来た"。
一昨年は前年負けていたことが発奮材料になった。
このように票を突っ込むエネルギーになる何かがないと、爆発的な票数は生まれない。

だから、16万票に票数が落ちる=ファンが減少ではありません。
一人一人の選挙への熱意、何が何でも絶対勝ってやる熱量が平均して三割減という見積もりです。
史上初の連覇を達成し、一位獲得数も歴代最多、票数も前人未到の領域。
さらには「一位をさっしーに」なんて出来過ぎな逆読みまで成立した昨年の選挙。
もうこれ以上ない結果を残し、何を目標に戦うのか難しいですよね。
正直なところ毎年の恒例行事で、ファンもかなり疲弊していますし。

とは言え票数を落としても十分首位争いは出来ます。
紅白では負けましたが、総選挙となると話は別。センター最右翼なのは間違いない。
山本さんや松井珠さんが、15-16万票の域に届くかと言えば正直厳しいと思いますし。
ですが「16万票で一位」の結果で、運営、秋元さん、莉乃ちゃんが納得するのか。
うーん、今年は正直いろんな意味で厳しい戦いだ。

ここまで来たら一蓮托生(笑)。天国でも地獄でもお供するしかないか。
例年ですと立候補受付は3月末。
そのときに備えて、心と兵糧の準備をみなさんよろしくお願いします。
僕は3月5日で期限が切れる選対サイトのドメインを早速更新します。
comments(17)選抜総選挙▲ページトップ

2016年十大ニュース

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

紅白総選挙は二位でした。よく健闘した方だと思います。
この選挙システムでは山本さんには歯が立たないと思っていました。
ところが蓋を開けたら、票差はそれほどなかったしよく迫れた方じゃないでしょうか。
人気の指標とはいくつもあって、すべての部門で一位を取れるほど甘いものじゃない。
どこを切り取って、どの数字を見るかってことなんだと思います。

野球を例にとると、打率、打点、ホームラン、安打数、ベストナイン、ゴールデングラブ賞があります。
あのイチローだって三冠王を取れていませんもんね。
二年連続トリプルスリーの山田は今年無冠でした。
今年MVPの大谷は特殊な事情があるにせよ規定投球回数と規定打席数に達してない。
でもイチローは日本プロ野球史上最高選手だと思うし、二年連続トリプルスリーは長い歴史で山田のみ。
大谷の超ハイレベルな二刀流は野球界の常識を変えてしまった。
結局のところ何がすごいかって、「タイトル」ではないんだと思います。
もちろんタイトルを取ることはすごいことなんだけど、それだけじゃ足りないんですよね。


さて2016年を振り返って恒例の莉乃ちゃん的10大ニュース!
第10位 instagramを始める
モバメとぐぐたすはヲタ向けツール、twitterは一般向けツールとするならインスタは女性向けツール。
新しいファン層の開拓ですね。今の莉乃ちゃんにはぴったりのツールでしょう。
ネイルや髪のカラーなど、ここ数年の女子力アップは目を見張るものがありますからね。
ダサい服ばかり着てると先輩に言われていた頃が懐かしい(笑)。

第9位 ananの表紙
表紙画像が公開されたその日、社内のSNSで画像を一斉送信するという大失態を犯しました。
僕が莉乃ちゃんファンだとみんな知っているので画像だけなら笑えるんですが・・・。
表紙には「SEX特集」の文字。オワタ・・・・
切腹饅頭を女子社員全員に配布しようかと悩みましたとさ。悲しい失敗談。

第8位 代々木アニメーション学院の講師
秋元康、つんく♂、小室哲哉、指原莉乃。
並んでいる名前に違和感があるようにも思うが、ヲタ馬鹿かもしれませんが僕はそうは思いません。
以前から書いていることですが、「アイドル」という枠組みで莉乃ちゃんを語っちゃダメなんですよね。
アイドルとはかくあるべきだという定義を壊す革命者なんだと思います。

第七位 FNSでモーニング娘。と共演
今年発売のアルバムでのコラボも発表されましたが、「壁」をぶち壊す破壊者ですよね。
ここに繋げるために、何年もかけて地ならしをしてきた印象があります。
ゆび祭り、アイドル国会...etc
西も東もなくて、アイドル界のベルリンの壁をぶち壊そうとしている。
FNS後にメンバー同士は写真を取り合って和気あいあいなんですよね。
にもかかわらずファンは未だにいがみ合っているというからなんとも器が小さい。

第6位 映画監督に挑戦
監督としての仕事は昨年になりますが、映画公開が今年なので六位に入れました。
どのメンバーにも見せ場が少しずつあり、ファンとメンバーへの配慮がにじみ出た編集でした。
他グループのドキュメンタリー映画との一番の違いはそこじゃないでしょうか。
一つ一つの場面で、監督が理由を語る場面も目立ちました。
これは事前に説明をすることで、批判をかわす狙いがあったように思います。
この二点に共通して言えることは、「ファンの目や意見を気にしすぎ」ているということ。
莉乃ちゃんらしいと言えばらしいし、すごく大変だったんだろうなーというのが映画の感想です。
莉乃ちゃんが監督でなければ、もっと莉乃ちゃんのシーンがあったんだろうなーとも思ったり。
支配人として檄を飛ばしていたり、みんなを引っ張っていく姿や総選挙一位の舞台裏など。
映画は大変面白かったですが、莉乃ちゃんファンとしては少々物足りないと感じました。
さすがに自分が監督で自分をメインにはできないでしょうから、しょうがないです。

第5位 スキャンダル中毒発売
売れる写真集が作品としていいかと言われると、必ずしもイコールではありません。
猫に負けたはアイドル写真集としてはいい写真集でしたが、「売れない」と思った。
逆にスキャンダル中毒は「売れる」と思ったけど、ドルヲタ的には求めているものではななかった。
この辺は難しいところですねー。
ソファーのお尻写真はずいぶんテレビでもネタにもされたし、そういう意味でも大成功。
部数が売れて商業的に成功しても、ネット含めて世間で話題にならなければ所詮その程度。
何をもって「成功」とするかですけど、スキャンダル中毒は「成功」した写真集だと思います。

第4位 ミヌエット五郎が家族に加わる
可愛いですよねー。

第3位 今夜くらべてみましたレギュラー出演
レギュラーになる前に、莉乃ちゃんプロデュース回があったじゃないですか。
あれの成功が今回のレギュラーに結びついたんだと勝手に思っています。
ゲストで結果を出せるか(スタッフさんの受けはいいか)。
一回一回の仕事が淳レギュラーやレギュラーに結びついていくんだと思います。

第2位 選抜総選挙連覇、三度目の戴冠
例年通り総選挙ネタは二位にしました。これを一位にすると毎年総選挙ネタが一位になっちゃう。
2015年と2016年の二位の発表時の映像を見比べてみると結構面白いです。
2015年は3-4位あたりから顔がひきつってるし、緊張感がありありと伝わってくる。
それに対して2016年の3位の発表は、両手を重ねて祈るそぶりを見せるも手をほどいた。
2位発表のときすら表情には余裕が漂っていました。周りのHKTメンバーの方が緊張していましたよね。

第1位 ディナーショー開催
今年一番のニュースはやっぱりこれじゃないでしょうか。
おそらくこれから毎年続くことになると思います。
莉乃ちゃんがHKTを卒業しても、少なくとも年に一度はファンと会う機会を用意してくれるに違いない。
ファンにとっては同窓会になるんでしょうね。そんな20年後の未来¥が頭によぎりました。
34500円の価値はありました。シンガー指原を見せてもらいました。

2017年はいったいどんな年になるんでしょうか。
2017年も莉乃ちゃんにとっていい年になりますように。。。
comments(9)さしこむ▲ページトップ